転職 技術者 Parramatta Synagogue

転職 技術者

インフラエンジニア 年収

by admin on 2013年9月27日, no comments

エンジニアの給与は募集サイトや実際に働いている人の声を聞いてもなかなかつかみにくいのが現状です。なぜインフラエンジニア 年収がはっきりしないかといえば、エンジニアという職業の衰退が激しい他、大きく市場に左右されやすく、それを担う企業や組織も大小さまざまあるということが挙げられるからです。

この分野で転職が繰り返し行われるのは、昇給のために別の職場を変えるという目的もよくみられるためです。インフラエンジニア 年収がその労働力に見合わないことはよく言われるのも、エンジニアとしての職業性を反映していることがわかるのです。中小・零細企業のように年収が求人に正しく示されない場合もあったりして、就職段階ではそのトリックに築かないこともしばしばあります。これは残業代や手当がどのようにして給与に反映されているのかを知るすべがないことが挙げられます。また、ノルマを課している場合にはより給与に反映されにくくなります。

残業に手当てがつかないブラック企業の存在もよく知られるようになってきたのもそんな背景があったりするからです。長年、この業界が人材不足になっている理由は給与面にあわせて労働条件が厳しいというのもあるためです。

フリーエンジニア

by admin on 2013年7月25日, no comments

安定した職場で働きたい、将来的に成長見込みのある業界で働きたい、そういった人にオススメしたいのがエンジニアの業界です。

インターネットをはじめ、スマートフォンやタブレットの人気はとどまるところを知りません。多くの企業でエンジニア不足となっており、優秀なエンジニアの獲得のために、高額な求人広告費を払ってエンジニアを募っているところもあります。

今後、どういった業界に就職しようか悩んでいる人は、エンジニアとして働いてみるのもいいかもしれません。

【エンジニアにはどうやったらなれる?】

エンジニア、と聞くと専門性が高く、難しいイメージがあるかと思います。
しかし、実際のところはまったくエンジニアのスキルがない人でもエンジニアとして仕事をすることも可能です。

もちろん、ある程度のパソコンスキルがあることは大前提。
Word、Excelなどが全く使えない状態でエンジニアになるのは無謀と言えるでしょう。
資格を持っていないと応募できない案件などもありますが、だいたいがスキルと経験年数を重視して募集をかけているようです。

こういった風に、会社のエンジニアとして働く以外にもいろいろな働き方があります。特にエンジニアの方は、フリーエンジニア、として独立される方も多くなっていますので、起業意志のある方にはいいかもしれません。

≪参照サイト≫
フリーエンジニア

システム構築

by admin on 2013年4月15日, no comments

システム構築といえばエンジニアの力の見せ所です。またシステム構築と1言で言っても様々な規模があり、工数や期間なども異なってきますが、もっとも多いのがサーバ構築やネットワークの増強などの既存システムに付加していくタイプのシステム構築です。

サーバであれば新しいOSを導入したり、サーバ用のアプリケーション開発や導入、システムのチューニングやネットワーク設定などが主な内容です。OSとしてはUNIXやwindows、Linux等のシステムが主流です。またアプリケーションはメールやWEBなどのサーバ、ファイルサーバやデータベースなどがあります。他には仮想OS用のサーバがあります。仮想OSとは1台のサーバに複数のサーバを設置するための仕組みですが、比較的高性能なサーバ1台で10台分くらいのサーバをまかなうタイプが主流です。

システム構築はたくさんのエンジニアが集まって作業をしますが、短期の開発では派遣のエンジニアを組み入れるパターンが主流です。半年から1年の契約で、要件定義の後からリリースまで、各工程をプログラマーやシステムエンジニアが分散して作業を進めます。進捗を管理していくプロジェクトマネージャーの役目も大切です。

システムを構築する案件で最近最も人気なのがObjective-Cです。アプリの開発にも必要なスキルであり、求人も豊富に掲載されていますよ。

転職 技術者

by admin on 2013年4月15日, no comments

技術者が転職する場合に大事なのが、転職の目的を明確にすることです。現在の職場でのデメリットを踏まえてそれを解消し、またメリットがあればそれを維持できるようにすることも大切です。

例えば残業が多くて体力が心配だから、というタイプも多いのがこの業界ですが、プロジェクトがどのようなものか、また残業の平均時間に加え、急な残業が発生する可能性がどれくらいあるのかもポイントです。

他には報酬面ですが、正社員からフリーランスになる場合はどんどん収入がアップします。しかし社会保険が適用されません。その分将来性が気になってきますが、フリーランスの場合は一定期間に限定して収入をアップさせたいと考える方も多いようです。

転職に必ず利用するのが転職情報を公開するメディアです。求人誌やWEBサイトなどが主流ですが、正社員や派遣、フリーランスなど、それぞれに専門、得意分野があるケースが多いようです。また技術者カウンセリングをしっかりと実施してもらえるところがお勧めです。ただ技術者に案件を紹介するだけのところもありますが、最近の業界は種類も豊富ですし、しっかり選ばないとせっかく転職したのに選択の失敗ばかりが目立ってしまう可能性も大です。

技術者で転職をお考えの方は、Perl案件をおすすめします。技術者がとても少ない言語ですので、非常に採用率も高くなっています。

技術者 給料

by admin on 2013年4月15日, no comments

技術者にとってどれくらいの給料をもらえるのか、やはり気になることです。プログラマーであればどんどん技術を吸収していけばそれだけ高い給料をもらいたいと思うのが常ですし、システムエンジニアでも同様です。

一般にプログラマーの給料は年収にして約400万円程度、またシステムエンジニアの場合は500万円程度が目安と言われています。またこれは正社員の場合ですが、フリーランスで上級エンジニアの場合はもっとレベルが上です。フリーランスの場合はどんどん新しい技術を吸収していかなければなりませんので、そのためのコストも多分に含まれていると考えるのが無難です。

給料が安くてお悩みの方は独立することも検討してみてはいかがでしょうか。
フリーのエンジニアとしても稼げる案件はたくさんありますよ。
また、給料が高くても残業が多い、これも考え物です。休日もないような会社に勤めた場合、給料が高くても身体が休めない、と苦言を呈する技術者が少なくありません。あげくの果ては転職してしまうわけですが、この場合もしっかり選ばないと二度手間の状態になってしまいます。たくさんの技術者求人がある中で、まるで同じカテゴリーの仕事でもしっかりした待遇だと安心できる場合もありますし、イメージだけで期待していてすんなりと裏切られてしまう場合も考えられます。やはりコツを掴んでおくこと、また紹介者を上手に利用することも大切です。